学校案内

校長挨拶

魅力あふれる東京学館

本校は新潟市の中心部に位置し、昭和58年の開校以来、校訓「自主・自学」を根本精神とする教育を行って参りました。周辺には、県立鳥屋野潟公園などの豊かな自然とビッグスワンスタジアムなど多くの公共施設があり、生徒は恵まれた環境の中で生き生きと学びながら成長し、それぞれの目標を達成しています。

学業面では、今春の現役大学・短大進学者数292名、15年連続現役大学進学者200名以上などの進学実績をあげています。また、部活動では「新潟県スポーツ年間最優秀校」を男子18回、女子4回受賞し、多くの運動部が目覚ましい活躍をしています。書道部、吹奏楽部、クラッシックギター部などの文化部や特色ある短歌創作なども全国大会で活躍しています。
このように本校は「文武両道の規律ある進学校」としての評価をいただいていますが、新たに「すべては君が輝くために」のスローガンを掲げ、生徒一人ひとりの未来が明るく豊かなものになることを願い、信頼される私学として更なる発展を目指して教育活動を行って参ります。

中学生の皆さんには、このホームページをとおして東京学館の魅力を知っていただき、進路選択のお役に立てていただければ幸いと思います。

東京学館新潟高等学校 校長 廣瀨 敬三

建学の精神

物質的な豊かさの中で発展した現代にあって、我が国の優れた伝統文化と心の豊かさとを基盤とした社会の発展のために、開かれた世界の国際人として活躍奉仕のできる有為な青年の育成を願って、本学園は創設されました。

いま、社会の変化及び文化の発展に対応する教育の実現が強く望まれる中にあって、東京学館新潟高等学校は、生徒の発達成長と現実の段階をふまえながら、広い心、健やかな身体、豊かな創造力と自主自律、そして公共の精神を培うべく、教育諸活動を進めてまいります。

校章

教育方針

本学園では創立以来、校訓「自主・自学」の理念に基づく、未来へとつながる確かな学力の習得、自分の可能性をどこまでも開発しつづける積極的な人間づくりを目標とする教育をめざし、次の3綱領を掲げています。

1.自己開発
才能を掘り起こし、豊かに伸ばす教育
2.判断と責任
物事の是非を判断し、社会の一員として責任ある行動をとれるための教育
3.相互扶助
学校生活を通じ、思いやりと相互協力を身につける教育

姉妹校紹介

学校法人鎌形学園は、千葉に3つの高等学校と1つの中学校、新潟に1つの高等学校の併せて5つの学校を擁する学園です。もともと東京都内で発足したことから各校に「東京学館」と冠した名称を用いています。
本校は昭和58年4月開校、姉妹校と連携しながらも本校独自の教育を行っています。

  • 東京学館浦安高等学校・中学校

    東京学館浦安高等学校・中学校

  • 東京学館高等学校

    東京学館高等学校

  • 東京学館新潟高等学校

    東京学館新潟高等学校

  • 東京学館船橋高等学校

    東京学館船橋高等学校

PAGE TOP