GAKKANナウ

  • 最新ニュース
  • イベント情報
  • GAKKANナウ

保護者の皆様へ 臨時休業中の健康観察について(お願い)

令和2年4月21日

 

 保護者 各位

東京学館新潟高等学校

校 長 廣 瀨 敬 三

 

臨時休業中の健康観察について(お願い)

 

 臨時休業期間中の日常生活では、下記に留意して過ごすとともに、引き続き、朝晩の体温の測定、記録をお願いします。お子様の健康状態を注意深く観察し、発熱等の症状がみられる場合には、学校に必ずご連絡くださるようお願いします。

なお、今後の対応については、Classi、連絡メール、ホームページ等を通じてお知らせします。

 

 

 1 発熱等の症状がみられる場合の連絡について

 〇 報告をお願いする主な症状

    ・37.5度以上、又は平熱より0.5度以上体温が高い場合

    ・倦怠感、咳や息苦しさなどの症状がある場合

    ・以上の症状が改善された場合

 〇 連絡先等

     学級担任宛てに、午後3時までに電話連絡してください。

      電話番号 025‐283‐8857

 

2 日常生活で気をつけること

 ○ 人混みの多い場所をはじめとして、不要不急の外出は避けてください。特に、持病がある場合は、より一層注意してください。

 ○ こまめな手洗いが大切です。特に、帰宅時や食事前などには、石けんを使って、手を洗ってください。

 ○ 咳などの症状がある場合は、咳やくしゃみで手を押さえると、その手で触ったものにウイルスが付き、ドアノブなどをとおして他の方に病気をうつす可能性があるので、咳エチケットを守ってください。

 ○ 発熱や咳などの風邪の症状が見られるときは、無理をせず自宅で休養してください。

 

3 こんな症状には

 ○ 風邪症状が軽度である場合は、上述のとおり、自宅での安静・療養を原則としますが、状態が変化した場合には、「帰国者・接触者相談センター」またはかかりつけ医に相談の上、受診してください。ただし、基礎疾患等のある人の場合は、より早期・適切な受診につなげてください。

 ○ 相談の結果、新型コロナウイルスの感染の疑いのある場合、センターでは専門の「帰国者・接触者外来」を紹介しています。その際には、マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。受診の結果、検査を受けることとなった場合は、当校にご連絡ください。

 ○「帰国者・接触者相談センター」は、すべての都道府県で設置しています。詳しくは、以下のURLからご覧いただけます。

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

PAGE TOP