GAKKANナウ

  • 最新ニュース
  • イベント情報
  • GAKKANナウ

教科横断型授業(英語・古典)の実施

2018/3/8

 英語と古典のコラボ!!

 次の学習指導要領で導入されるであろう新しい授業形態の1つが、2年DⅡ類文系・理系コースで、英語と古典の協力による「教科横断型授業」が実施されました。

 この授業は、グローバル社会の中で、「本当の国際人とは何か」を深く考えることを目的としています。

 まず、日本を代表する古典作品の一つである「徒然草」の章段を現代語訳し、さらに英語に訳してみました。

 その後、生徒たちは自分の作った英作文を持ち寄り、グループの中で互いに生き生きと意見交換に取り組んだ。

 生徒たちの「主体的・能動的な深い学び」の中で、日本文化や日本の価値観を理解し、それを英語で伝えることのできる「本当の国際人」になることを願っての授業でした。

PAGE TOP